FC2ブログ
優勝賞品は「マグロ丸ごと1匹」!! このユニークな市民将棋大会を巡って起った騒動のまとめサイトです。 (更新終了済)LPSAによる 「対局ボイコット事件」もまとめました。右の「カテゴリ」から「対局ボイコット事件」を選んでご覧ください。
2013年03月02日 (土) | Edit |
  2月15日、LPSAのオンラインショップに、

LPSAの人気商品「日めくり詰め将棋カレンダー2013」、値下げしました!

というお知らせが掲載されました。2000円から1500円に値下げしたそうです。
 また既に、ボイコット会見前日の1月28日にも、「日めくり詰め将棋カレンダー2014」制作休止のお知らせが掲載されており、来年版の制作中止が決まっています。
 人気商品なのに、値下げしたり制作中止になる理由は分かりません。
「どうぶつしょうぎ」に続いて、またもLPSAの主力グッズが消えることになりました。
2013年版の在庫は322冊です。ファンの方はお早めにご購入してください。

 翌2月16日の夕方頃、将棋連盟のホームページに、

第6回大和証券杯ネット将棋・女流最強戦2回戦、 中村真梨花女流二段対石橋幸緒女流四段(LPSA所属)戦の 再延期についての記者会見

というタイトルの文書が掲載されました。
 中身は、「もう一回だけ石橋女流の対局を延期する」ということのようです。
 この中で、谷川将棋連盟会長は、石橋女流の対局拒否に対して、

「これはあってはならないことで、契約の一方的解除であり、将棋ファンの方々、棋戦主催社、将棋連盟に対して納得のいくけじめをつけてほしい、とLPSA側に申し入れをしました。」

と述べています。
 「けじめ」が何を指すかは不明ですが、「謝罪」や「LPSA内部での処分」であろうと推測されます。こうした「けじめ」をLPSAにつけてほしいと水面下で交渉しているようです。
 また、このけじめを付ける順番を「ファン、スポンサー、連盟」の順に言うあたり、谷川会長の力量が窺えます。

 さらに文書で谷川会長は、

田中専務と石橋LPSA代表理事との間で2回話し合いが持たれましたが、合意に至らず、来週前半に再度話し合うことになりました」

とも話しています。
 実際のLPSA側の交渉は、田中寅彦(九段)理事に任せているようです。
2回話し合って合意しなかったので、最後にもう一回話し合うための、再延期となったようです。

 そして、延期の代替措置として、長谷川優貴女流二段対室谷由紀女流初段戦を行うことも発表されました。
 前回は、時間的余裕がなかったことや紅ちゃん効果で自重しましたが、2週間も空いた2回目ともなると、2chでも「連盟の都合で一方的に延期するのはどうなの?」的な意見も出始めています。むろん、長谷川さんや室谷さんファンからは喜ばれますが、所詮はエキジビジョンです。プロの真剣勝負を見せてこその「棋士」ですから、将棋連盟の対応は、緩慢かつ「ファンを軽視」していると言われても仕方ありません。
 
 この再延期によって、次に事態が動くのは2月24日ということになりました。
 マグロ事件当時から見てるものにとって、この展開はグダグダモードのフラグとも言えます。こうしているうちに、みんな飽きて興味がなくなり、結局うやむやのまま、という将棋村の定番コースになりそうです。

スポンサーサイト