FC2ブログ
優勝賞品は「マグロ丸ごと1匹」!! このユニークな市民将棋大会を巡って起った騒動のまとめサイトです。 (更新終了済)LPSAによる 「対局ボイコット事件」もまとめました。右の「カテゴリ」から「対局ボイコット事件」を選んでご覧ください。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2017年01月30日 (月) | Edit |
1/29 羽生夫人ツイート
 1月29日、羽生三冠の夫人が、

先ず、秘密会合で主人が処分相談など真っ赤な嘘です。島理事から主人に電話があり、渡辺竜王からどうしても羽生にお話がある。谷川会長、佐藤名人、他にタイトルホルダーも同席だからどうしても来て欲しいと要請があり渋々出掛けた事。そこでは、説明を一方的に受けるに終始した事。

島理事からメールで、証言云々これならどうですか?の返信としての『その経緯が本当に事実でもグレー』発言。しかし、証拠もないのに処分は全く不当!として伝え、疑わしきは罰せずが鉄則ですと明言。疑わしきは〜と書くと法律解釈とかへ理屈が出ますが、要するに証拠無し処分はダメの意味。

等の連続ツイートをして、ちょっとした騒ぎになっています。
 目新しい事実はありませんが、第三者委員会が特定を避けた、

その場で初めて聞いた話でもあり疑わしいものの結論は出せないという意見(第三者委員会報告書15頁)

が、羽生さんであったことが、分かりました。
 個人的に、最悪のシナリオは、竜王戦廃止を含むスポンサーの撤退や竜王他数名の除名等ではなく、羽生三冠の引退だと思っています。
 すなわち、ソフトが強くなった現在、棋士という職業の定義で、もっとも付加価値が高いのが、

棋士とは、羽生三冠と戦える存在である。

という部分です。それがなくなった時点で、棋士と言う職業自体の存在意義が消えていくと予想してます。

1/29 連盟による実質「終結宣言」
 将棋連盟HPトップから、第三者委員会報告や谷川辞任のコメントへのリンクが消えました。記事自体は残ってますが、

目立つホームページのトップからは外し

て、終わったことにするつもりのようです。
 以前連盟は、石橋ボイコット事件で、LPSAが「マイナビへの謝罪」をHPトップから外したことに激怒し、絶縁宣言を突きつけました。
 ところが、今回連盟も、同じ立場になるとLPSAと同じように外してしまいました。
 よって、これは、LPSAの時と同様、実質

連盟による終結宣言

と見て良いでしょう。
 一応、連盟擁護も書いておくと、LPSAのは謝罪であり、今回の連盟のは、

謝罪などではなく正しい措置だったという文書

なので、いつまでもトップに置く必要はないと言う理屈が言えます。
 連盟の「とにかく有耶無耶にして早く終わらせたい」という一貫したスタンスは、健在のようです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。