優勝賞品は「マグロ丸ごと1匹」!! このユニークな市民将棋大会を巡って起った騒動のまとめサイトです。 (更新終了済)LPSAによる 「対局ボイコット事件」もまとめました。右の「カテゴリ」から「対局ボイコット事件」を選んでご覧ください。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2017年04月27日 (木) | Edit |
 臨時棋士総会で、半数の理事を解任してから2カ月が経ちました。
 恐ろしいことに、それ以降、何一つ進展がありません。
 三浦九段への補償問題はおろか、「理事会の責任はない」とした第三者委員会報告も撤回されず、そのまま継承されています。
 理事解任の際、棋士たちは、誇らしげに将棋連盟の自浄作用を自画自賛していましたが、結果はやはり、と言うしかないものでした。

 現在、将棋界は、数年にわたって続いた電王戦・ニコニコバブルがはじけ、それでも懲りずにabemaバブルと藤井四段バブルを起こそうと躍起になっています。
 10年に1人の逸材が毎年出るプロ野球ドラフト、サッカー代表の期待の若手詐欺などと同様の、昭和テレビ時代の茶番劇が果たしてどこまで通用するかは分かりませんが、そういう付け焼刃な対応では全く通用しないどころか、反動の被害の方が大きい気がします。

 人は、過ちを犯すものです。ほとんどの人が、一度の失敗や過ちで抹消されるような世界は望んでいません。
 但し、過ちを犯しても反省もせず、誠実に謝ることが出来ない人には、厳しいものです。
 組織も全く同じです。
 三浦事件の責任を有耶無耶にしたまま、藤井バブルをアピールして、はしゃぐ棋士たちの姿に、寒々としたものを覚えます。
 

 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。