優勝賞品は「マグロ丸ごと1匹」!! このユニークな市民将棋大会を巡って起った騒動のまとめサイトです。 (更新終了済)LPSAによる 「対局ボイコット事件」もまとめました。右の「カテゴリ」から「対局ボイコット事件」を選んでご覧ください。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年02月04日 (月) | Edit |
 1dayトーナメントの3回目の優勝を果たし、LPSA内の規定をクリアした渡部愛さん。2012年に入っても好調は続き、2月19日の第48回1dayでも優勝します(4回目の優勝)。
 またLPSA自体も新人問題同様に大きな課題となっていた、

公益社団法人の認定

を同年7月1日付で受けることができました。
 そしてこれに合わせて翌7月2日、「当協会所属新女流棋士誕生のお知らせ」と題し、

当協会公認ツアー女子プロ選手・渡部愛を7月1日付けより当協会所属女流プロ棋士3級として登録する

と発表しました。
 渡部愛さんもコメントで、

「LPSAツアー女子プロとして活動して3年が経ちましたが、今やっと新たなスタート地点に立つことができました。今春高校を卒業し単身上京のうえ、日々将棋盤に向かっております。これからは一人の女流棋士として成長できるよう、さらに気を引き締めて頑張ります。今後ともよろしくお願いいたします。」

と決意を語っています。
 2chでも、

おめでとう!LPSA 渡部愛女流3級誕生!

と早速スレが立つなど注目されてます。
 しかし、一方で、

・いかさま女流3級をスポンサーはどう扱う?
・【LPSA】いかさま・渡部愛女流3級【自称】
・ツアープロの次は勝手に女流3級認定!LPSA

など悪意のこもったスレも立ちます。
 斜陽産業である将棋界で、若い女の子が将棋を指してくれるだけでもありがたいことなのになんという態度でしょうか!!

 というのはさておいて、ツアー女子プロから女流3級になると何が変わるのかを見ていきます。
まず一番変わるのが、

公式女流タイトル棋戦に出場できる

という点です。
 男性のプロ棋士では「名人戦」や「王将戦」「王位戦」と言った大きなタイトルが7つあります。
これと同じように女流棋士にも「女流名人戦」「女流王将戦」「女流王位戦」など6つの大きなタイトルが存在しています。これらのタイトル戦に原則無条件で参加することが出来るようになります。
 これまでツアー女子プロだった渡部さんは、

アマチュア

として予選から参加してたのですが、これらが免除されることになるのです。女流名人戦などはそもそもアマチュアの参加枠自体がないので、今までは絶対に参加できなかったのです。
 逆にアマチュア枠で棋戦に参加する者を「ツアー女子プロ」という名称で呼んでいたこと自体かなり誤解を招く招かせる行為だったことが分かると思います。
 2番目は、1番目と同じように見えますが、タイトル棋戦への参加が、

義務になる

ということです。
 これまでは出る出ないは自分の意思で決めればいいアマチュアだったのに対し、これからは出場しないと資格のはく奪等の罰則や罰金が科せられるようになります。
 3番目は、多少のお給料が出るということですが、これは連盟もLPSAも内部事情を明かしてないのでどの程度のモノなのかは外部からは分かりません。しかし、少なくとも「賞金の25%カット」等は無くなるのでだいぶ良くなるはずです。
 
 さてLPSAが公式に渡部愛さんを女流3級にしたことで万事めでたしめでたし、と成るのか成らないのか。
 このことを実質左右することになるのはあの方です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。