優勝賞品は「マグロ丸ごと1匹」!! このユニークな市民将棋大会を巡って起った騒動のまとめサイトです。 (更新終了済)LPSAによる 「対局ボイコット事件」もまとめました。右の「カテゴリ」から「対局ボイコット事件」を選んでご覧ください。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年05月09日 (土) | Edit |
 将棋界に詳しくない方で、連盟=極悪にどうしてなるのか?と思った人もいるかもしれません。
 「連盟に反する団体と協賛するならば除名」と言っており、マグロ大会が「暴力団」や「新興宗教」と関わりがあるなら除名も当然と思う人もいるかもしれません。
 実は今も、「連盟に反する団体」とは何かを将棋連盟は明らかにしていません
 しかし、将棋ファンたちにはすぐに分かることなのです。

  「連盟に反する団体」=LPSA

 詳しくない方は同じ競技の女子組織が、「男子組織に反する団体」となることは理解できないかもしれません。
 しかし、2ちゃんねる将棋板では当然の前提で進んでおり、2ch上のコピペでも

 ことの経緯は、将棋連盟から女流棋士が独立し日本女子プロ将棋協会(LPSA)が結成されたことに始まる。 この独立に際して様々トラブルが発生し、現在では将棋連盟とLPSAは冷戦状態となっている。
この冷戦が飛び火したのである。

とあり、将棋連盟とLPSAの対立がマグロ名人戦に飛び火したというのは将棋ファンにとっては、誰の目にも明らかなことのようです。

 将棋ファン以外の方に簡単に説明すると、
 ・一昨年の女流棋士の独立に際し、連盟との交渉が難航した
 ・また女流棋士自体も分裂し、多数の女流棋士が連盟に残留することになった
 ・少数派の女流棋士だけで設立したのがLPSA
 ・この際、将棋連盟の米長会長とLPSAとの間で様々なバトルが展開された
 ・この年のマグロ名人戦からLPSAが協賛で参加
という流れになります。
 そして昨年のマグロ名人戦に際しての連盟への後援依頼時に、

当連盟の棋士に声がかからず、他の団体の棋士が運営に関わるということであれば、当連盟は後援をさせて頂くことを再考せざるを得ない

との文書回答が送られてきたことから、他の団体=LPSAが容易に推測できるわけです。
 他に問題になりそうな後援団体があるかと思い、私も調べてみたのですが、三浦市役所や三浦市観光協会や商工会議所、神奈川新聞などでどこも問題になりそうな団体はなく、そもそも棋士がいません。
 三崎支部の人たちもLPSAの協賛が連盟の後援の障害となっていると受け止めました。
 しかしLPSAは、前年度の大会に無料で複数の女流棋士を派遣するだけでなく、大会の審判長や賞状署名やその他雑事なども手伝うなど、名義だけ貸していた連盟にはるかに勝る支援をしてくれたことから、三崎支部の人たちにはLPSAを排除することなど出来ない相談でした。

 2ch上のコピペで説明すると、

連盟「マグロ名人戦?10万円だしたら棋士派遣してやるよ。」

LPSAに頼んでみる
LPSA「無料でいいですよ、是非協力させてください」

連盟「LPSAを使うならお前ら除名www共催にするなら勘弁してやるwww」

三崎支部消滅

となります。
  日本将棋連盟=極悪と言われるのも当然だと思います。
 コピペ中の 「共催にするなら」とは、大会主催者と連盟の話し合いの中で、連盟側の提案の中にあったそうです。もちろんこれも、32年間市民たちの自主運営でやってきた思い入れの観点からも受け入れ難いものです。

 将棋ファンは、同じ将棋の女性団体であるLPSAを「連盟に反する団体」と位置づけてることに呆れ、その対立に市民大会を運営する一般のファンを巻き込み、言うことを聞かないと「除名する」と恫喝した連盟に激怒したのです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。