優勝賞品は「マグロ丸ごと1匹」!! このユニークな市民将棋大会を巡って起った騒動のまとめサイトです。 (更新終了済)LPSAによる 「対局ボイコット事件」もまとめました。右の「カテゴリ」から「対局ボイコット事件」を選んでご覧ください。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年02月07日 (木) | Edit |
 連盟からは「プロ」として認められず、マイナビ女子オープンでも結果を出せなかった渡部愛さん。しかし、負けたものの鈴木環那女流を相当追いつめており、ある程度の「強さ」はあるようです。

 では、渡部さんは実際どの程度の「強さ」なのか気になるところです。

 マイナビ敗戦の後も、渡部さんは、LPSA独自棋戦「日レスインビテーションカップ(以下日レス杯)」で、

準優勝

したりと活躍しています。
 しかし、「準優勝」と言っても「どの程度の大会なのか」が分からないことには評価もしづらいです。
 実はこの棋戦は、LPSA内では「最上位」の大会で賞金も100万円と高額です。
1day等と違ってLPSA女流も「本気」で勝ちに来る大会であり、そこで準優勝というのは渡部さんが成長してる証といえます。
 が、そのことは私みたいな「愛ちゃんファン」は分かるのですが、一般の将棋ファンには伝わりません。
 9月29日13時に開始した中井・渡部の日レス杯決勝戦の際、2chの「【LPSA】天河・日レス・1DAYその他Part12【棋戦総合】」スレでは、

415 :名無し名人 :2012/09/29(土) 13:09:54.13 ID:53vkdEGo
始まってるんだから誰かレスしろよぉ

という書き込みから始まり、3時間45分に及んだ熱戦の間に、

書き込みが12レス

あっただけという惨状でした。愛ちゃんの名誉のために言っておきますが、日レス杯の書き込みにしては「多い方」です。
 このような注目度では活躍しても将棋ファンや世間が後押ししてくれることは無さそうですし、「強さ」の方も分からないままです。

 ならば!ということで、優勝回数等だけでなく勝敗まで見ることによって、渡部さんの「強さ」を探ってみることにしました。

 LPSAでは、独自の棋戦として

1dayトーナメント
天河戦
日レスインビテーションカップ(日レス杯)

の3つがあります。
 これら3つのLPSA棋戦での渡部愛さんの記録を見てみましょう。(2013年2月7日現在)

 まず渡部さんは、1dayに16回、天河戦に3期、日レス杯に4期出場しています。

1day   優勝4回、準優勝1回
天河戦  ベスト4進出1回
日レス杯 準優勝1回

と、なかなか活躍しているようにも見えます。
 勝率を見てみると

・通算    33勝19敗(勝率6割3分)
・2012年  8勝 5敗(勝率6割1分)

です。
 勝率で見てもまずまず優秀な成績と言えるのかもしれません。
しかし、「凄まじく強い!」というインパクトのある数字ではありません。
 さらに「連盟女流」が出てない身内の棋戦での結果であり、連盟女流との比較も困難です。

(注:公式女流棋戦の成績はフォローできてません。先の渡部・鈴木戦の際の解説で、渡部さんは「2勝3敗」とあったのでおそらく現在「2勝4敗」となるかと思います。)

 ただ一つだけはっきり言えることがあります。
それは、既に渡部愛さんは、

LPSA内では上位

だということです。
 言い方を変えると、

渡部さんが出場できない連盟主催のタイトル戦に、渡部さんより弱いLPSA棋士が出場している

ということになります。

 渡部愛さんの強さは、「LPSAでは強い方」ということが今回の結論です。
そして、その強さは連盟が認めざるを得ないほどものでなく、また将棋ファンが後押ししたくなるような「凄さ」でもありませんでした。

(※「米長マニア」改め、渡部「愛ちゃん」ファンであることをアピールするために、渡部さんの成績をまとめたものを次に掲載しておきます。)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
Re: 平成12年?
> 平成12年8勝5敗(勝率6割1分)って書いてますけど、2012年のことですか?

コメントありがとうございます。
お恥ずかしい間違いでした。
こっそり直しました。
ご指摘ありがとうございました。
2013/02/08(金) 02:53:03 | URL | 穴ろ熊 #-[ 編集]
要するに、「実のところ強いの?」という疑問が湧いちゃうところが、LPSAの三級認定の価値に疑問符がつくところですよね。
研修会でC2からC1に昇級するのは、他のC2のメンバーよりもはっきり上だと思われる力を見せたということ。少なくとも6局以上にわたってその力を継続して示したということ。そして、対戦相手も自分の人生を賭けて真剣に対戦しているということ。
これらの点で、1dayトーナメント累積3回優勝という基準は(どのくらい強いのか客観的に判断する指標として)見劣りしますよね。
2013/02/13(水) 15:27:38 | URL | ひろ #9iIgC9Ho[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。