優勝賞品は「マグロ丸ごと1匹」!! このユニークな市民将棋大会を巡って起った騒動のまとめサイトです。 (更新終了済)LPSAによる 「対局ボイコット事件」もまとめました。右の「カテゴリ」から「対局ボイコット事件」を選んでご覧ください。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年10月18日 (火) | Edit |
10月18日、三浦九段が、「不正していない」と抗議の書面を発表し、NHKのインタビューにも応じました。

まず書面を確認すると、

・対局中にソフトをしようとしたことは一切ない
・休場届の提出(要求)は、濡れ衣であるソフト使用疑惑によるもの
・適正な手続きとは言い難い。
・所有するPC4台スマホ1台の全アプリ画像も自主的に提出している。
・連盟は、これらを精査することもなく、一方的に処分した。
・(三浦九段の)離席の多さやソフトとの一致率を示す証拠を書面で要求した(が、示されてない。)
・離席中は、休憩室である「桂の間」で横になってたか、会館内のトイレに行っていた。
・食事はほぼ出前で、疑惑をもたれた対局では会館外に出たことすらない。
・ソフトを用いて対局前の研究はしていた。
・連盟の調査に最大限協力するつもりです。

という内容でした。
 さらに NHKのインタビュー記事では、

・そもそもスマホに将棋ソフトが入っていない。
・竜王戦の辞退を申し出たとする連盟の説明に対し、「竜王戦は将棋界最高峰の棋戦で挑戦するだけで大変な名誉だ。辞退するわけがない
・休場届を出さなかったことについては、「やましいことは全くないので出す必要はない。そういうことで休場届は提出しないと決めた」
・「公平にしっかりと調べてほしい。完全にやっていないことがわかったら白い目で見られずに指せるので一刻も早く調べてほしい。それだけです」と述べ、連盟の調査を強く求めています。

と、連盟の発表と異なる事実も明らかになっています。
 記事によれば、連盟は、

三浦九段の主張を受けて、日本将棋連盟は「三浦九段は対局中に1時間に何回も、また、1回に30分間以上も離席するなど不自然な点が多かったにもかかわらず、合理的な説明はありませんでした。事情を聞いた連盟に対して休場届を出す意向が示されたにもかかわらず提出されないので、やむをえず出場停止処分にしたものです」というコメントを発表し、今後も、対局中の離席が多いことや、将棋ソフトを不正に使った疑いがあることなど三浦九段と見解が異なる点について、調査を続けていくとしています。

と、従来の主張を繰り返すと同時に、調査を続けるとあっさり前言を翻したりもしています。

詳しく見ていきます。
まず最大の違いは、

休場に合意があった(連盟)
辞退するわけがない。(三浦九段)

と真っ向から対立する点です。
前回説明したとおり、

双方合意の上で、休場届未提出に対する3か月出場停止なら妥当

なのですが、三浦九段の主張するとおりなら、合意がなかったことになり、

3か月出場停止の根拠すら怪しい

ということになります。
急きょ連盟が方針転換し、黒と判断して処分したとしても、今度は、

黒で三か月?石橋女流の四分の一の罪なの?

と新たな矛盾を生みます。
三浦九段からその場で休場同意書でも取ってない限り、言った言わないの水掛け論争になります。

次に、聴取(調査)の具体的内容です。
今回新たに明らかになったのは、

・スマホ実物の提出もなされていない。(求めてもいない?)
・離席状況の特定もしていない。

という点です。前回、どうせろくな調査もしてないと書きましたが、そのとおりだったようです。
 まず、「スマホの調査はしていない。」点ですが、三浦九段が自主的に全アプリ画像を出したのは、法律的にはあまり意味がないので省きます。パソコンは提出したようです(朝日新聞ツイッター)。
 本来は、連盟が実物の提出を求めるべきで、大相撲の八百長疑惑だろうが巨人の野球賭博だろうが皆そうしてます。
 仮に提出を求めて拒否されれば、拒否されたこと自体が有力な証拠となります。
 連盟の当初の発表に「提出を求めて拒否された」との主張もないことから、現時点では求めてさえなかったと判断でき、

スマホ利用の不正を調査してるのに、スマホを調べなかった

という恐るべき杜撰な調査だったと言えます。パソコンについても、提出を受けても調査する間もなく、処分を公表し、追加調査せずとしていたので、何もしてないと思われます。

 次に、「離席状況の特定もしていない。」点です。
 連盟は、三浦九段の離席について、

「1時間に何回も、また、1回に30分間以上も離席するなど不自然な点が多かった」

とし、三浦九段は、

「桂の間」で横になってた、トイレに行ってた。

と答えています。
加えて、三浦九段は、

離席の多さを示す証拠を書面で要求した

のですが、連盟は公開しなかったようです。
 疑惑を追及する場合、少なくとも連盟は、離席時間の特定(=犯行時間の特定)が必要です。でなければ、離席した事実さえ、証明できません
 しかもこの特定、三浦九段の協力なしでも簡単に出来ます
 訴えた対戦相手の棋士に、聞けばいいわけですから。
 具体的な時間が分からなくても、何手目どの手の時に、離席したのかは、棋士なら当然記憶してるはずです。特に不正を感じるほどだったのですから。逆に覚えてなければ、訴えてる方が不自然と見るべきでしょう。終盤であっても、「この手からこの手までの間に少なくとも5回は離席した」とかでもいいのです。
 さらに将棋の場合、指し手の考慮時間まで記録されてるのですから、一般的な犯罪よりも特定が容易です。
 この

容易で基本的な離席(犯行)時間の特定すらも、連盟はしていなかった

ようです。
 特定したうえで「この時の離席はどこへ?」とは聞くなら答えようもありますが、ただひたすら「離席が多い、長い。」と追及されたのでは、三浦九段に限らず羽生名人でも谷川会長でも答えようがありません。
 連盟は、この部分で繰り返し、

三浦九段から、合理的な説明はありませんでした

と主張していますが、むしろ

連盟が、合理的な質問をしていなかった。

とするのが正しいと思います。

最後に、連盟が引き続き調査するとした点です。
13日にわざわざ会見までして、

「三浦九段を出場停止処分にしており、聴取は尽くした。こちらから連絡するつもりはない」
「年明けの対局で範を示してほしい」

と追加調査を否定したのは、一体なんだったのでしょうか。
前回、「黒でもなく(処分無し)グレーでもない(再調査なし)ことから、三浦九段は白と連盟は認めたことになります。」と説明しましたが、連盟はあっさり説明を翻したことになります。
まあ、三浦九段への聴取は調査ではなく、

とにかく休場に追い込むことを優先した

という本音は言えませんからね。

連盟の凄い所は、

ゴタゴタは、有耶無耶にして早く終わらせたい。

という一貫した方針が、決してブレない点です。
ここまで来ると、呆れるよりも逆に感心し、応援したくなります。

三浦九段の反論書面三浦九段の反論文書
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。