優勝賞品は「マグロ丸ごと1匹」!! このユニークな市民将棋大会を巡って起った騒動のまとめサイトです。 (更新終了済)LPSAによる 「対局ボイコット事件」もまとめました。右の「カテゴリ」から「対局ボイコット事件」を選んでご覧ください。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年10月22日 (土) | Edit |
10月11日午後1時、連盟による三浦九段へのヒアリングが、告発者側と告発された側が、同席するという異様な光景の中、始まった。

渡辺竜王が

・三浦九段の指し手ばかりか感想戦のコメントさえ一致している点
・1局を通じての一致率が高い事
・離席の多さ
などを指摘
これに対し三浦九段は
「それは偶然です。」
「離席したのは疲れていたので守衛室で横になって休んでいたのです。」と一貫して否定した。

と言うやりとりで進められたようです。
 その他、記事では三浦発言の不自然さを列挙した上で、「そこまで疑われるならしばらく休場します。」(三浦九段)と言ったとしています。
その後、PCを押収、スマホの提出は拒否したという流れは、以前のままでした。

解説すると、まず処分のきっかけとなった

実際の聞き取り調査をしたのも、渡辺竜王だった

点です。単に同席しただけでなく、説明質問まで行い、文字通り、

連盟による調査ではなく、渡辺竜王による調査だった

ことが言えると思います。
 文春記事は、渡辺竜王の独占告白がメインであり、記事全体でも渡辺竜王寄りなので、「連盟調査の中立性に疑わせ三浦無罪を印象づける目的で書いた」ものではなく、むしろ逆なので、この部分は特に信用できそうです。
 もちろん、
渡辺竜王と連盟は一体
・だから連盟による調査と言っても問題ない。
・独自調査もしている。
と主張もできますが、当然これは、
・将棋連盟は中立では無く、最初から竜王とタッグを組んでいた。
・独自調査はごく一部だけ
と自ら主張していることになり、最初から三浦休場が目標だったと自ら言うようなものです。

勘違いされると困りますが、告発した渡辺竜王が強く疑惑を主張することは、何の問題もありません。
同様に、三浦九段が身の潔白を主張するのも何も悪くありません。
連盟が、両者の主張を公平中立に聞き、必要な調査をして判断を下せばいいだけです。
しかし、今回もまた連盟は「ゴタゴタは、有耶無耶にして早く終わらせたい。」という原則を最優先にし、付け焼刃の対応を選択しました。
連盟が渡辺竜王に過剰に肩入れし、中立性を欠いた名ばかりの連盟調査で三浦九段を休場に追い込んだ結果、混乱はかってないほど広がってしまい、かえって渡辺竜王まで窮地に追い込むことになりそうです。
渡辺竜王が理想的な対応をしていただけに、連盟はなぜもっと重く受け止めなかったのか残念でなりません。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。